抜群のユーザビリティを誇る理想的就業管理システム!

■ワークフローイメージ
就業管理クロノス」なら就業管理が“簡単業務”に。
テレタイム・Zaion’nex(ザイオンネックス)と連動し、多彩な勤務形態に対応しながら、正確かつスムーズな勤怠処理を実現します。
 メリット
       
■クロノスの特徴
       
 メリット
 メリット
       
■機能
       
(通信処理)
タイムレコーダーのデータを定期的に収集します。
また、氏名・各種ファンクションの送信、時刻あわせも同時に行えます。
メリット       
       
(勤務区分の設定)
夜勤・日直・フレックスなど、さまざまな就業形態をきめ細かく(最大1,000通り)登録できます。また、勤務入力テストでは、出勤・退勤時刻を入力し、設定された勤務区分が正しく計算結果を出すかどうかも確認できます。
メリット
       
(計算変数の設定)
ユーザーごとの細かい就業形態に対応できるよう、100通りのユーザー計算式をつくることができます。
メリット
       
(シフト管理)
従業員のシフトを組む担当者が別にいる場合、「就業管理クロノス」からシフト管理表をExcelに出力すれば、各担当者がシフトを組んで、「就業管理クロノス」に取り込むことができます。
メリット
       
(法改正にも迅速に対応)
労働基準法改正で、時間単位の有休が取得できるようになりました。また、労働基準法改正で、残業時間が60時間を超過した場合、50%以上の割増料金を支払わなければならないことになりました(中小企業は法の施行3年経過後にあらためて検討)
メリット
       
       
      パッケージ名:就業管理クロノス(クロノス株式会社)
       

戻る